M52(散開星団)

NGC7635(散光星雲):シャボン玉星雲

星座:カシオペア座


・12x50 PCF 双眼鏡

  比較的明るいのですが、星に分離できず、星雲状に見えます。

 

・105mm(シグマ、105mm F2.8 MACRO)

  左の星の集団がM52です。この周辺には、赤い散光星雲や散開星団がたくさんあります。

    データ:F3.5、露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+LPS-P1フィルタ、1/2縮小

  

・150mm(シグマ、150mm F2.8 APO MACRO)

    データ:F2.8、露出2分×4、EOSKissDX4(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  改造デジタル一眼で撮影したので、散光星雲もたくさん写っています。

  左上の星団がM52、右の星団がNGC7510です。右上の散光星雲がNGC7538、中央やや左の

  散光星雲がNGC7635です。

    データ:露出5分×2、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィル、1/2縮小

  

・500mm(ペンタックス、75SDHF)

  ノーマルデジタル一眼ですが、やや右下にあるNGC7635が微かに写っています。

    データ:露出8分×2、EOSKissDigital、1/2縮小

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  改造デジタル一眼では、NGC7635もはっきり写り、シャボン玉のような円形の模様も

  見えています。EOSKissDX4なので大きく写りました。

    データ:露出8分×3、EOSKissDX4(IRカットフィルタ除去)+HEUIBIIフィルタ、1/2縮小

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

  750mmの焦点距離とKissDXの高画素により、上記616mm+初代KissDの約1.5倍のスケール

  になります。自分でIRカットフィルタを除去した成果が分かります。

  しかし、露出時間も延ばしているにも関わらず、上の初代KissDよりノイズが多いのが

  残念です。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

・830mm(セレストロンC8-N+クローズアップレンズAC No.4)

  ノーフィルタの画像を輝度データとし、3色分解した画像でL+R+G+B合成しました。

    輝度データ:露出32秒×16、ASI174MM、等倍

    色データ:C8N R:露出32秒×8 G:露出32秒×8 B:露出32秒×8  ASI174MM

・1000mm(セレストロンC8-N+ビクセン コマコレクター2)

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、1/2縮小

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  改造デジタル一眼により、右下のNGC7635や周辺の淡い星雲も写っています。

  6コマをコンポジットしたので、写りは良好です。

    データ:露出8分×6、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、1/2縮小