キャノン製EOS Kiss Digital

 ・スペック

  デジタル一眼レフ。レンズキット(18mm-55mm、F3.5-5.6ズームレンズ付き)

  APS-Cサイズ、630万画素、CMOSセンサー搭載。

  重量:560g

  購入時期:2003年9月20日

  購入価格:111,780円(税込み)

  説明:私は基本的に第1ロット(生産を始めて最初の製品。一般に不具合が発生しやすい。)

    は買わない主義なのですが、これは発売初日に買ってしまいました。実は、約1ヶ月前

    に富士写真のFinePixS2Proを買いに行ったのですが、時間が遅くキャッシュディスペンサ

    でお金がおろせず買えませんでした。次の週に買いに行こうと思っていたら、その週に

    キャノンがEOS Kiss Digitalを従来と比べ物にならないくらい安い価格で発売すると発表

    したため、急遽、これを待つことにしました。

    天体写真の実績やノイズの少なさはFinePixS2Proの方が上なのですが、EOS Kiss Digital

    は次の点で優れています。

      ・とにかく安い。

       (私が買った店で、FinePixS2Pro:208,000円-20%、EOS Kiss Digital:ボディのみ118,000円-10%)

      ・軽い。私のように小型の赤道儀を使っていると非常に重要。

       (FinePixS2Pro:760g、EOS Kiss Digital:560g)

      ・多少ばらつきはあるが、Hα光の感度がEOS Kiss Digitalの方が上。

    銀塩に比べ、デジタル一眼レフを使うメリットは次の通りです。

      ・反則不軌が無いため、銀塩より露出時間を短時間にできる。但し、複数回同じ対象

       を撮影し、コンポジットした方が良い。(ずらしながら撮影できればベスト)

      ・撮影結果をすぐに見れるので、ピンぼけ、ガイドエラー、構図のズレ等のミスがその

       場でわかる。

      ・現像料と現像完了までの時間を削減できる。

      ・フィルムをスキャナで読み込む手間が省ける。但し、ノイズの引き算や多数の画像

       をコンポジットする等の処理は増えます。

    銀塩の画像EOS Kiss Digitalの画像の露出時間、解像度、極限等級等を比較すると

    優位性は一目瞭然です。

 ・IRカットフィルター除去改造

    2005年9月16日、瀬尾一夫様にお願いしてEOS Kiss DigitalのIRカットフィルタを

    RF2(クリアフィルタ)に交換頂きました。本当は、RF1(UV/IRカットフィルタ)の方が良かった

    のですが、旧Kiss Digital用は在庫切れで、追加作成予定が無いとの事でした。

    今回の改造の目標は、当然Hα天体を明瞭に写すためです。効果は、下記の通り、一目

    瞭然です。でも、E200で撮影したものと比べると、淡いHα天体の写りが劣っているようです。

    Hα天体の写り、カラーバランス、露出時間の全てにおいて、HEUIBフィルタとの組み合わせ

    が、最適なようです。フィルタの詳細なテスト結果は、こちら

    また、EOSKissDX(IRカットフィルタ除去)との比較結果はこちら