NGC7048(惑星状星雲)

星座:はくちょう座


・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  マイナーな惑星状星雲ですが、比較的明るいです。北アメリカ星雲(NGC7000)のすぐ東にあります。

  小さいので等倍です。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2、等倍

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  きれいな円形で、シャボン玉のよう。

  EOSKissDX4では緑が強く、初代EOSKissDと違った色に写ります。

    データ:露出8分×3、EOSKissDX4(スターショップ新改造)、等倍

  

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、等倍

  

・830mm(セレストロンC8-N+クローズアップレンズAC No.4)

  ノーフィルタの画像を輝度データとし、3色分解した画像でL+R+GB+B合成しました。

  (OIIIとHβが共にBにしか写っていないので、GとBの平均をG成分に使用)

  内部の色の違いも分かります。

    輝度データ:露出32秒×16、ASI174MM、等倍

    色データ:C8N R:露出32秒×8 G:露出32秒×8 B:露出32秒×8  ASI174MM

  

・1000mm(セレストロンC8-N+ビクセン コマコレクター2)

  少し、ピントが甘いです。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、等倍

  

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  1280mmで撮影した画像とレデューサ無しの1800mmで撮影した画像を

  コンポジットしたので、やや強い画像処理を行えました。

  改造デジタル一眼と長焦点距離の等倍なので、迫力があります。

  少しガイドが流れたのが残念。

    データ:1280mm 露出8分×7、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、等倍

        1800mm 露出8分×4、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ