2012年5月21日 金環日食観測ガイド

0.金環日食の観測結果

   前日の天気予報では、奈良は雲が多いという予想。半分、諦めていました。

   当日、中々起きれず、午前6:00に何とか起き出すと、「日が当たってる。」

  大急ぎで準備を始めましたが、機材を準備して、ピントを合わせると、すでに欠け

  はじめていました。ビデオとP.S.T.の2台で同時に撮影したのですが、極軸が

  合っていないのでどんどんずれるので、最初は大変でした。6:30頃からやっと

  ペースがつかめ、安定して撮影できました。

   何度か雲が通過し、危なかったのですが、何とか金環日食を迎え、家族4人

  で観測できました。

   金環日食の直前になると、くっきりと影は見えますが、異常に暗いという今までに

  無い感覚です。(普通、太陽が雲に入ったら影は出来ない。)

   また、カラスが鳴き出し、頭上を飛んで行きました。

   P.S.T.では金環になっているのに、ビデオカメラでは切れているというのが20〜30秒

  あり、レンズの性能で、金環の開始時間と終了時間が大きく変わることが分かり

  ました。

   その後、日食が終わるまで観測を続けましたが、やはり何度か雲が通過し、

  最後の終わりの時間が良く分かりませんでした。でも、これだけ観測できるとは、

  予想以上でした。

   最後に感想。撮影に疲れた。ゆっくり、眺めていたいなぁ。

   撮影方法は、こちらを参照。

   

      カラー版(模様が分かりにくい)         白黒版(模様がはっきり分かります)

 

   なお、日食終了後に撮影した太陽の画像はこれ。比較的大きな黒点が3個見えますが、

  プロミネンスは小さかった。

  

1.はじめに

   2012年5月21日の午前7時30分頃、関東から東海、近畿南部、四国、九州南部など、日本の多くの地域で

  金環日食が見られます。

   日食には大きく分けて、皆既日食、金環日食、部分日食があり、次のような違いが有ります。

 

     (1)皆既日食:太陽よりも月の方が大きいため完全に太陽が隠れる。皆既日食中は、夕方のように暗くなり、

            肉眼や双眼鏡で太陽の周りのコロナや外縁のプロミネンスが見える。

        

 

     (2)金環日食:太陽よりも月の方が小さいために、太陽の内部に月がスッポリ入り、リング状に見える。

            そのため、金環日食中でもやや暗くなるだけで、明るいため、肉眼で見ると目を傷めたり、

            失明する事もあります。当然、コロナやプロミネンスを肉眼で見ることは出来ません。

         

     (3)部分日食:太陽の一部を月が隠すだけで、太陽と月が完全に重ならない状態。肉眼では、全く

            見ることが出来ません。

         

       注意.これらの太陽の画像は、私が撮影した太陽の写真を加工したもので、実際の日食の

           写真ではありません。

 

   今回は、(2)金環日食ですので、、肉眼で見ると目を傷めたり、失明する事もあり、コロナやプロミネンスを

  肉眼で見ることは出来ません。

   私が住んでいる奈良県での金環食の経過は次の通り。金星や木星、もしかしたら水星も見えるかも

  しれません。(クリックすると大きくなります。)

     

 

2.裸眼での観測方法

   一番お手軽なのは、本屋に行って、「日食観測眼鏡」付きの書籍を買うことです。使い方の注意点は、

  各書籍をご覧下さい。天体望遠鏡を扱っている店に行けば、「日食観測眼鏡」だけでも売っています。

   私は、株式会社アストロアーツ編集・発行の「星ナビ5月号増刊金環日食を見る」を買いました。

  理由は次の通り。

    ・A5相当の大きなフィルターが付いていて、複数の「日食観測眼鏡」が作れ、カメラで撮影する時の

     簡易フィルターも作れる。

       注意.プラスチックの減光フィルターなので、画質は悪いです。

    ・価格が500円で手ごろ。

   しかし、フィルターをカットしただけでは、横から光が入って見難いし、ずっと手で持っている必要が

   あります。

    そこで、こんなものを作りました。試作の結果は良好でした。型紙のPDFはこれです。これをA4

   サイズの厚紙(私はペーパークラフト用紙を使用)に印刷し、組み立て、「星ナビ5月号増刊金環

   日食を見る」のフィルターをカットしたものを取り付けてください。組み立て方、注意点も型紙

   記載してありますので、十分注意して観測してください。

    眼鏡のレンズが大きいとぶつかりますが、大概は眼鏡の上からでも使用できます。

  

  

  注意.この写真は、フィルターを取り付ける前の物です。太陽を観測するときは、必ず

      太陽観測用の減光フィルターを取り付けてから、ご使用下さい。

 

3.太陽の形だけでも撮影したい!

   太陽の形だけでも撮影できればよいなら、上記の、株式会社アストロアーツ編集・発行の

  「星ナビ5月号増刊金環日食を見る」のフィルターをカットして、携帯電話のカメラや、

  コンパクトデジタルカメラ、ビデオカメラに取り付けて撮影できます。詳細は、この書籍の中に

  説明があります。

   その他の日食観測眼鏡を通しても、何とか写るでしょう。

   ちなみに、 「星ナビ5月号増刊金環日食を見る」のフィルターとビデオカメラHDR-CX180

  で撮影した画像は、下記の通りです。巨大な黒点は何とか写りました。

  

     撮影日:2012年5月12日

     カメラ及びレンズ:ビデオカメラHDR-CX180 「星ナビ5月号増刊金環日食を見る」のフィルターで減光

 

4.太陽の黒点も撮影したい!

   こうなると、撮影用又は天体望遠鏡用の太陽観測対応減光フィルター(露出倍数が

  10万倍程度)と、望遠鏡が必要です。カメラも、一眼レフデジタルカメラ、コンパクトデジタル

  カメラ、ハイビジョン対応ビデオカメラなどが必要です。

   望遠鏡とカメラの接続方法、各方法による拡大率の違いなど、非常に複雑な要素が

  あり、機材によって最適な撮影方法が異なります。更に、きれいな画像を得るには、露出

  時間や画像処理なども工夫する必要があります。

   また、撮影方法によっては、減光フィルターを取り付けていても、目を傷めたり、

  フィルターが熱で割れる可能性もあり、十分な知識も必要です。

   私は、太陽はほとんど撮影した事が無いので、詳細な説明は他のHPや資料を参照

  し、自分に合った方法を見つけて下さい。

 

5.金環日食でもプロミネンスを見たい/撮影したい!

   最初の1で説明した通り、金環日食ではプロミネンスを見ることはできません。

  金環食が始まる瞬間と、終わる瞬間に、太陽の縁と月の縁が重なった時に

  見えたり、写る可能性がありますが、それ以外は無理です。

   でも、実はプロミネンスを見たり、撮影したりする方法があります。それは、

  太陽観測専用望遠鏡を使用する方法です。私は、コロナド社のP.S.T.

  いう望遠鏡を買いました。これを使うと、普段でも、下記の写真のように

  プロミネンスが見えます。太陽の縁から立ち上っているのがプロミネンスで、

  表面で薄暗くグネグネした模様が見えるのもプロミネンスです。

   やや上の明るい部分が有ってその中心が黒くなっているものは黒点です。

  下の方にも、小さな黒点が2個、写っています。

   なお、コロナド社のP.S.T.による観測・撮影の詳細は、こちらをご覧下さい。