YIMGの紹介

<概要>

 WindowsXP/Vista/7/10(Ver.5.10以降、95/98は動作しなくなりました。NTは未検証です。)

で動作するフリーの画像処理ソフトです。私のホームページに有る天体写真の

画像処理は、全てYIMGを使っています。

 各種デジカメのRAWファイルを直接読み込み現像することも可能で、RAWの段階

でダーク補正することも可能です。

 デジカメに添付のRAW現像ソフトに対する優位性としては、

  ・撮像素子の全画素を利用できる。(EOS KissDだと、3072×2048→3088×2056)

  ・白飛び、黒潰れしている部分も階調を出せる。

  ・ダーク補正が可能。

等があります。

 Ver.2.00から、JPEGフォーマットに対応しました。

 Ver.2.10から、独自の現像ルーチンを搭載しました。

 Ver.2.70から、ウェーブレット変換を搭載しました。(Ver.2.90で処理改善)

 Ver.2.80から、Lanczosを搭載しました。

 Ver.4.00から、バッチ処理に対応しました。

 Ver.5.00から、マルチスレッド対応しました。

    (マルチプロセッサで高速化。ベンチマークテスト参照)

 Ver.5.70から、RAW/JPEG(Exif)の情報表示、JPEG(Exif)保存に対応しました。

<特徴>

 ・R,G,B共に65536階調(合計で48bit色)で処理します。

 ・輝度とR,G,Bを別々に処理し、合成することも可能。

 ・ノイズは平滑化しながら、エッジを強調できます。

 ・4つまでの画像を、自動でコンポジット(合成)できます。

 ・4つまでの画像を、2点を指定することで、モザイク合成できます。

 ・3通りの方法で周辺減光補正が可能です。

 ・階調補正、歪曲補正、拡大/縮小、回転等の基本処理も可能です。

 ・ウェーブレット変換も可能です。(Ver.2.90で処理改善)

 ・ボケ補正処理を搭載。

 ・Lanczosによる拡大・縮小に対応。

 ・最大32枚の画像を同時にオープンできます。

 ・1回だけやり直しができます。

 ・起動後のドラッグアンドドロップに対応。

 ・カーソル位置/設定ポイントの断面濃度表示が可能。

 ・バッチ処理により、複数のファイルに同じ画像処理を行い、保存することが可能。

 ・マルチスレッドに対応し、マルチプロセッサで高速化。

 ・扱える画像フォーマットは、次の通りです。

  読み込み

    1bit/4bit/8bit(RLE8にも対応)/24bit色BMP

    8bit/24bit色JPEG

    16bit/24bit/48bit色TIFF(非圧縮、RGB)

    圧縮TIFF,GIF,PNG−−−Ver.5.15以降

    24bit/48bit色PPM(binary/ASCII)

    8bit/16bit階調PGM(binary/ASCII)

    Fits(非圧縮、INT)

    各種デジカメのRAWファイル

  書き込み

    24bit色BMP

    24bit色PNG−−−Ver.5.16以降

    24bit色JPEG(JFIFとEXIFを選択)

    48bit色TIFF(非圧縮、RGB)

    48bit色PPM

 ・RAW画像読み込み時に、前もって登録しておいたダークファイル(最大4つの

  ファイルを平均化)を引き算してから現像できます。

<RAW現像確認済みの機種名>

  下記に記載されていなくても、大概のカメラには対応できているはずです。

  お試し下さい。

  なお、FOVEONを使用したカメラ(シグマのSD10/SD14等)は非対応です。

  Canon EOS Kiss Digital、N、X、F、X2、X3、X4、X5、X50、X6i、X7、X7i、X70

       EOS Kiss Digital X8i、X80、X9

       EOS M、M3

       EOS 1DMarkII、1D-X、1D-XMarkII

       EOS 5DMarkII、5DMarkIII、5DS、5DS R

       EOS 6D、7D、7DMarkII

       EOS 10D、20D、30D、40D、50D、60D、70D

       PowerShot G9、G10、G1X、G15、G16、G3X

              G5X、G7X、G7XMarkII、G9X

       PowerShot A620(CHDK)、S100、S110、S120

  Nikon D1、D1x、D2x、D2Hs、D3、D3s、D3x、D4、D4S

      D5、Df

      D40、D40X、D50、D60、D80、D90

      D100、D200、D300、D300S、

      D500

      D600、D610

      D700、D750、D800、D800E、D810

      D3000、D3100、D3200、D3300

      D5000、D5100、D5300、D5500

      D7000、D7200

      Nikon1 V1、J1、V2、J2、J3、AW1、V3、J4、J5

      Coolpix P7700、P7800、P340

      Coolpix5000(ディフォルトでは、色がおかしくなります。※1)

  富士フィルム FinePix S2Pro、S3Pro、S5Pro

      (但し、ハニカム構造のため、45度回転して表示されます。)

      FinePix S200EXR、HS10、HS20EXR、HS30EXR、HS50EXR

      FinePix F600EXR、F770EXR、F800EXR

      FinePix SL1000

      Fijifilm X10、X20、X30、X70、X100S、X100T

      Fijifilm X-S1、X-E1、X-E2S、X-Pro1、X-Pro2

           XF1、X-T1、X-A2、X-T10

           XQ2

  パナソニック DMC-FZ30、FZ150、FZ200、FZ330、FZ1000

           DMC-CM1

           DMC-G1、G10、G2、GF2、GH2、G3、GF3、GH3、GH4

              GF5、G5、G6、GF6、G7

           DMC-GX1、GM1、GM5、GX7、GX8、GX80

           DMC-LX7、LF1、LX100

           DMC-TZ60、TZ70、TZ80、TZ100

  ペンタックス *istDS、K20D、K200D

          K-1

          K-3、K-3II、K-5、K-5II、K-5IIs、K-7

          K-m、K-x、K-r

          K-01、K-10D、K-30、K-50、K-500

          K-S1、K-S2

          PentaxQ、Q10、QS1

          MX1

          645Z

  オリンパス E-1、E-3、E-30、E-300、E-330、E-5、E-500、E-510、E-520、E-620

         E-P3、E-PL1、E-PL3、E-PL5、E-P5、E-PM1、E-PM2、E-PL7

         OM-D E-M5、E-M5 MarkII、E-M1、E-M10II

         STYLUS1、SH-2

         PEN-F

         TG-4

         SP-510UZ、SP-565UZ

  ソニー α7、α7II、α7R、α7RII、α7S、α7SII

       α33、α35、α55、α57、α58、α65、α68、α77、α77II、α99

       α100、α200、α350、α450、α500、α550、α580

       α850、α900

       α5000、α5100

       NEX-3、F3、5、C3、3N、5N、5R、5T、6、7

       ILCE-QX1

       Cybershot RX100、RX1、RX1RII、RX10、RX10II

              RX100III、TX100IV

  リコー GXR、GXR A12、GXR A16、GR、GR2、GR digital4、GRII

  ライカ X1、X2、X VARIO、T

       D-LUX5、D-LUX(Typ109)

       V-LUX(Typ114)

       X-E(Typ102)、X(Typ113)

       Q(Typ116)

       SL(Typ601)

  サムソン(三星) NX10、NX100、NX11、NX200、NX20、NX210、NX300、NX30

       NX1、NX3000、NX500

  ※1.読み込めるのに色や表示がおかしくなる場合は、「ファイル−RAW現像設定」で、

      DaveCoffin氏のアルゴリズムを選択下さい。

 

  また、非対応の機種がありましたら、「hge00744@nifty.ne.jp」にメール下さい。RAWファイル

  をお送り頂ければ、対応できる場合も有ります。(駄目な場合は、正規のアップデートまで

  お待ち下さい。ご了承願います。)

<インストールと削除の方法>

 ・インストーラ版:32bit/64bit版のWindowsXP/Vista/7/8/10に対応

  zipで圧縮されており、そのままフォルダーを開き、INSTALL.EXEを実行する。

  その後は画面の指示に従ってください。

  削除したい場合は、Windowsのスタート−コントロールパネル−プログラムの追加と削除

  でYIMGをアンインストールして下さい。

  うまく、インストールできない場合は、zipファイルを展開し、Filesフォルダーの

  中のファイルを適当なフォルダーにコピーし、ご使用下さい。

 ・実行ファイルのみ版:全Windows

  適当なフォルダーを作成し、そこにファイルを解凍するだけです。

  削除したい場合は、ファイルを全て消去するだけです。

 

 ・起動時に設定ファイルを読み込む方法

  YIMGを起動した場合、インストールフォルダの「yimg.ymg」という設定ファイルを読み込んで、

  立ち上がります。よって、YIMGの ファイル−全設定の保存 でインストールフォルダ

  に「yimg.ymg」という名前で設定ファイルを保存しておくと便利です。

<フリーウェア>

 本ソフトはフリーウェアとなっておりますので、ご自由にお使い下さい。

<使用方法>

 YIMGによる画像処理入門をご覧下さい。

<バッチファイルの例>

 YIMG Ver.4.0よりバッチ処理に対応致しました。

 私が良く使うバッチファイルを公開致します。参考にして下さい。

 注意.全て、「バッチファイル開く」の後、保存するフォルダーを設定下さい。

 注意.下記の*.ybtファイル名の上でマウスの右ボタンを押し、「対象をファイルに保存」を選んで、

     保存することをお勧め致します。

  ・RAW2JPEG.ybt : 各種画像ファイルを単にJPEGフォーマットに変換するだけ

  ・RAW2JPEG_VIVID.ybt : 各種画像ファイル(RAW推奨)を、ウェーブレットで精細感/陰影を強調し、

                   彩度を上げて色を鮮やかにし、JPEGフォーマットに変換

  ・star_EOS_DX.ybt : EOS Kiss DXで撮影した星野/星雲/星団を、2〜4枚をコンポジットし、

                背景補正を行い、JPEGフォーマットに変換。大きく広がった星雲が

                写っていると、適切に処理できません。

                切り出しサイズは、カメラに合わせて変更下さい。

<最近の変更履歴(詳細はヘルプをご覧下さい)>

 Ver.5.74 公開:2016/12/29

  ・画像合成−自動や画像合成−複数ファイルで、「1画素以上ずらす」を

   選んでいても一部の画像がずれずに合成され、ノイズが消えない場合が

   あったので修正。

  ・バッチ処理で、「ファイルを開く&画像合成」で合成できるファイルの

   上限を8個から16個に拡張。

 Ver.5.73 公開:2016/11/13

  ・JPEG(EXIF)を読み込んでJPEG(EXIF)で保存すると、「_」付きのファイルが

   残る不具合を修正。

 Ver.5.72 公開:2016/10/8

  ・JPEG(EXIF)で保存すると、Windows10などで「_」付きのファイルが残る不具合

   を修正。

 Ver.5.71 公開:2016/10/5

  ・バッチ処理の保存で、JPEG(JFIF)とPPM(bin)で保存できない不具合を修正。

 Ver.5.70 公開:2016/10/4

  ・RAW/JPEG(Exif)の画像情報を表示できるようになりました。

   表示−表示モード設定 でON/OFF可能。

  ・ファイル−保存 で、JPEGのJFIF/EXIFを選択できるようにしました。

   EXIFを選ぶと、カメラ名、露出、F値、ISO感度など最低限の情報を保存。

  ・何も画像を読み込んでいない時に、水平スクロールバーを押すと

   落ちる不具合を修正。

 Ver.5.60 公開:2016/5/21(YIMG) 2016/7/3(YIMG64)

  ・RAW現像ルーチンを最新版に更新。

  ・ダーク補正を、Fitsフォーマットも対応。(従来はRAWのみ)

  ・画像合成に、「1画素以上ずらす」のオプションを追加し、ノイズ除去の効果を出やすく

   しました。

  ・階調補正(画面全体に同じ補正係数を適用)を改善し、ダイナミックレンジ補正

   (位置毎に補正係数を変更)に変更。

 Ver.5.50 公開:2016/1/1

  ・16bitのFitsファイルを読み込んだ時に階調が異常になる場合があったので修正。

   (ZWO製カメラで保存したFitsに対応)

 Ver.5.40 公開:2015/11/8

  ・「画像合成−複数ファイル」を追加し、最大16個のファイルを一度に読み込んで合成できる

   ようにしました。

  ・背景を白から灰色にし、目に優しくしました。

 

 注意.Ver.5.18以降、Window 64bitで、使用できるメモリが増えるように設定。

   Windows 32bitでも、/3GBオプションで増えます。但し、表示が異常になったり、表示が遅くなったり

   する場合があるので注意。詳しくは、MicrosoftのHP参照。

 

 Ver.4.14(シングルスレッド版) 公開:2013/7/6

  ・L+RGB画像合成で、位置を指定して合成できるように変更。

  ・L+RGB画像合成及びL+R+G+B画像合成で、従来はLを回転して

   合成していたが、Lを回転せずに合成するように変更。

<ダウンロード>

・YIMG Ver.5.74(マルチスレッド版、32bit版):WindowsXP以降の32bit/64bitで動作、シングルスレッド版より約2倍高速

 インストーラ版:32bit/64bit両対応

   うまくインストールできない場合は、Filesフォルダーの中のファイルをそのままご使用下さい。

 yimg574.zip 1,896,217 2016/12/28 20:33

 ・YIMG64 Ver.5.74(マルチスレッド版、64bit版):WindowsXP以降の64bitで動作、大きなファイルを複数読み込んでも、

  停止することなく、安定していますが、上記YIMGより1.5倍程度、動作が遅くなります。

 インストーラ版:64bitのみ

   うまくインストールできない場合は、Filesフォルダーの中のファイルをそのままご使用下さい。

 yimg64_574.zip 1,835,163 2016/12/28 20:25

 

・Ver.4.14(シングルスレッド版):Windows95/98/NTにも対応、低速、ブラックアウトする場合あり

 インストーラ版:32bit Windowsはこちらをご使用下さい。

 yimg414.zip 1,699,378 2013/7/6 11:44

 実行ファイルのみ:64bit Windowsなどインストーラが正常に動作しない場合、こちらをお使い下さい。

 yimg414e.zip 1,015,334 2013/7/6 11:41