ビクセン VC200L

 ・スペック

  口径:200mm

  焦点距離:1800mm(F9.0)

    レデューサ使用で1278mm(F6.4)

  重量:6kg

  購入時期:1999年夏

  購入価格:鏡筒バンド、カメラアダプタ、マウント込みで131,800円(税別)

  説明:6次非球面鏡と球面副鏡、3群3枚の補正レンズを使ったカセグレン式の反射

   屈折(カタディオプトリック)望遠鏡です。球面収差だけでなくコマ収差等も補正されて

   おり色収差も無いに等しいので、直焦点撮影には最適ですが、F9.0(レデューサを

   使ってF6.4)と暗いのが難点です。

   カタログスペックから眼視性能は期待していませんでしたが、惑星観測にも十分に

   耐えうるシャープさでした。焦点内外像も結構きれいです。ただし、部屋から出して

   すぐはぜんぜん見えません。2時間程度外に出し、十分に外気温に慣らさないと

   だめです。

   現在の撮影時の構成は下図の通りで、ポイントは、次の通りです。

    ・誠報社製強化鏡筒バンドを使って赤道儀に接続。

    ・ガイド鏡は鏡筒バンドに取り付け

     (以前、VC200L本体のサブスコープ取り付け金具に付けていたが、ガイド星は

     中心にあるのにガイドエラーが頻発)

    ・赤道儀のウェイトの横にコンクリートの重り(青く見えている物)を接続。更に、

     アイベル製延長ウェイト軸を追加。

     (以前は、モーメントを減らすために、ガイド鏡を赤道儀近くに取り付け)

   自作オートガイダでも、以前は一定方向にずれる傾向があり、ガイド成功率50%未満

   でしたが、ガイド鏡の取り付け位置をVC200L本体のサブスコープ取り付け金具から

   鏡筒バンドに変更し、延長ウェイト軸を用いてバランスをとるようにしてからは、望遠鏡

   の位置を変更して最初の1回目を除けばほとんど成功するようになり、大きくずれる

   こともなくなりました。

  

 ・EOS Kiss Digitalでの撮影結果

  レデューサ使用(F6.4)、露出8分、赤が中央で緑が最周辺

 ・感想

  色収差は皆無で、直焦点では35mmフィルムの最周辺まで星像は極めて良好です。

  レデューサ使用時は、35mmフィルムの最周辺は減光が大きく、星像もやや伸びます。

  EOS Kiss Digitalでの撮影結果では、レデューサ使用時に中央付近で3画素(約22um)

  最周辺で4画素(約29um)の星像が得られます。周辺減光は、結構あります。

  カセグレン式なので、F6.4にも関わらず75SDHF(F6.7)と比べて暗いです。

  ガイドも非常にシビアで、手修正ガイドで点に写すのは非常に困難です。

  レデューサ使用でも 1画素=1秒角 です。つらい...

  自作オートガイダでガイドできるようになって負担は無くなりましたが、それでも

  最初は決まった方向にズレが発生し、ガイド鏡の取り付け方、バランスのとり方を

  変更し、やっと成功率が上がりました。