NGC7662(惑星状星雲):青い雪だるま星雲

星座:アンドロメダ座


・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

  非常に明るい惑星状星雲です。但し、小さいので、双眼鏡では見るのは困難です。

  青くて、望遠鏡では雪だるまのような形に見えるので、青い雪だるま星雲と呼ばれています。

  他の写真と同じ露出では、白飛びして模様が見えません。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、等倍

  

・1000mm(セレストロンC8-N+ビクセン コマコレクター2)

  露出8分では白飛びするので露出を1分にし、小さいので2倍に拡大しています。

  これにより内部の細かい模様もはっきりしました。

    データ:露出1分×8、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、2倍拡大

  

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  同じく、露出8分では白飛びするので露出を1分にし、小さいので2倍に拡大しています。

  2540mm相当なので、模様が分かりやすいです。

    データ:露出1分×8、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、2倍拡大

  

・1800mm(VC200L)

  ノーフィルタの画像を輝度データとし、3色分解した画像でL+R+GB+B合成しました。

  (OIIIとHβが共にBにしか写っていないので、GとBの平均をG成分に使用)

   1800mmで等倍なので、非常に大きく写ります。でも、淡い部分の写りが悪いので、

  表面輝度の高い惑星状星雲ぐらいしか良い結果が得られません。

    輝度データ:露出32秒×32、ASI174MM、等倍

    色データ:C8N R:露出32秒×8 G:露出32秒×8 B:露出32秒×8  ASI174MM