NGC6826(惑星状星雲):まばたき星雲

星座:はくちょう座


・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  NGC6826は、まばたき星雲と呼ばれ、非常に明るい惑星状星雲です。眼視で観測

  すると、中心星が明るいためだと思われますが、星雲の部分が見えたり見えなかっ

  たりして、まばたいているように見えるので、このように呼ばれるようです。

  非常に小さいので模様が分かるように撮影したり観測するのは容易ではありません。

  この写真の左よりの最も明るい星のようなものがNGC6826です。

  天の川に近いところですが、右の明るい星の上に銀河が2つ見えていますが、NGC番号

  は付いていません。

    データ:露出8分×3、EOSKissDX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2、等倍

  

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

  左下の最も明るい星のようなものがNGC6826です。

  右の2つの輝星の上や、中央やや下に銀河が見えます。

    データ:露出8分×2、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、等倍

  

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  露出を1分にし、2倍に拡大し、強調処理するとちゃんと模様が写ります。

  ハッブル望遠鏡など大きな望遠鏡で撮影した写真と比べると、VISACでも結構、模様が

  写ることが分かります。

   データ:露出1分×8、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、2倍拡大