NGC6781(惑星状星雲)

星座:わし座


・105mm(シグマ、105mm F2.8 MACRO)

  比較的大きな惑星状星雲なので、105mmでも、赤くて丸い姿が分かります。

  特に、EOSKissDX4では、このサイズで写ります。

    データ:露出3分×3、EOSKissDX4(IRカットフィルタ除去)+HEUIB、等倍

  

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  わし座の天の川の中にあるマイナーな惑星状星雲ですが、比較的大きく、Hαが

  写る機材であれば写しやすい星雲です。宇宙に浮かぶ赤いシャボン玉のようです。

  天の川にはこのような星雲は多数あるのですが、その中でも大きくて明るい方です。

  でも縮小すると小さすぎるので、等倍の画像を示します。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2、等倍

         露出8分×3、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+HEUIB

  

 

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  改造EOSKissDX4では、中心が緑色っぽくなります。私は、初代EOSKissDの

  ような紫が好きですね。

    データ:露出8分×3、EOSKissDX4(スターショップ新改造)、等倍

  

・830mm(セレストロンC8-N+クローズアップレンズAC No.4)

  ノーフィルタの画像を輝度データとし、3色分解した画像でL+R+GB+B合成しました。

  (OIIIとHβが共にBにしか写っていないので、GとBの平均をG成分に使用)

    輝度データ:露出32秒×24、ASI174MM、等倍

    色データ:C8N R:露出32秒×8 G:露出32秒×8 B:露出32秒×8  ASI174MM

  

・1000mm(セレストロンC8-N+ビクセン コマコレクター2)

  この望遠鏡を使うと、なぜか非常に明るく写ります。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、等倍

  

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  改造デジタル一眼と1280mmの望遠鏡で等倍だと、こんなに大きく写ります。

  星雲の北側は、境界がぼやけていることが分かります。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、等倍