NGC663,NGC654,NGC659,M103(散開星団)

星座:カシオペア座


・12x50 PCF 双眼鏡

  M103は比較的明るい星が小さく集まり、1つの大きな星のように見えます。

  NGC663も容易に見つける事ができ、星には分離できませんが星雲状で

  よく見えます。

  その他は、見えません。

 

・105mm(シグマ、105mm F2.8 MACRO)

  カシオペア座のδとεの間に散開星団が集まっています。その中で、M103が

  有名ですが、私はNGC663の方が星の集団らしくて、好きです。

  右下がM103、左の上から順にNGC654、NGC663、NGC659です。

  NGC663が一番広がっていて、粒がそろっています。

    データ:F3.5、露出3分×4、EOSKissDigitalX+HEUIBフィルタ、等倍

   

・150mm(シグマ、150mm F2.8 APO MACRO)

    データ:F2.8、露出2分×4、EOSKissDX4(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  300mmだと、この付近の散開星団がきれいに納まります。

  右下がM103、中央の上から順にNGC654、NGC663、NGC659、左上の

  赤い星雲状の散開星団がIC166です。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIB、1/2縮小

  

・500mm(ペンタックス、75SDHF)

  この焦点距離では、NGC663を囲む散開星団がきれいに納まります。

  左上に非常に淡くて赤い散開星団IC166が写っています。

    データ:露出8分×1、EOSKissDigital、1/2縮小

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  この焦点距離になると、散開星団らしさが失われてきます。

    データ:露出5分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小