NGC5866(銀河):M102と呼ばれることもある

星座:りゅう座


・105mm(シグマ、105mm F2.8 MACRO)

  右下のNGC5866(M102と呼ばれることもある)、上やや右のNGC5879、

  左のNGC5907の大まかな形が、105mmでも分かります。

    データ:露出3分×4、EOSKissDX(IRカットフィルタ除去)+HEUIB、等倍

  

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  マイナーですが、この付近には明るくて大きな銀河がいくつもあります。

  右下がNGC5866(M102と呼ばれることもある)、上がNGC5879、左の細長い

  のがNGC5907です。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2フィルタ、1/2縮小

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  小さくて明るいので、等倍にしています。暗黒帯が分かります。

    データ:露出5分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、等倍

  

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

  等倍ですが、非常に明るく写ります。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、等倍

  

・830mm(セレストロンC8-N+クローズアップレンズAC No.4)

  ノーフィルタの画像を輝度データとし、3色分解した画像でL+R+G+B合成しました。

  良く見ると暗黒帯が中央からずれているようで、上下非対称になっている事が分かります。

    輝度データ:露出32秒×16、ASI174MM、等倍

    色データ:C8N R:露出16秒×16 G:露出16秒×17 B:露出16秒×16  ASI174MM