NGC4565(銀河)

星座:かみのけ座


・105mm(シグマ、105mm F2.8 MACRO)

  右の方に明るい星が多数写っているのは、Mel.111という散開星団です。

  左下の細長い銀河がNGC4565、左上のぼんやりしたのがNGC4559です。

  EOSKissDX4で撮影すると、NGC4565の暗黒帯らしいものも何とか分かります。

    データ:露出3分×6、EOSKissDigitalX4(IRカットフィルター除去)+HEUIB、等倍

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  同じく、下の細長い銀河がNGC4565、上のぼんやりしたのがNGC4559です。

  中央付近に小さな銀河が複数見えます。

  軽くウェーブレットをかけた効果もあって、NGC4565の暗黒帯がはっきり分かります。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2、1/2縮小

  

・500mm(ペンタックス、75SDHF)

    データ:露出8分×2、EOSKissDigital、1/2縮小

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  NGC4565は、「銀河系を横から見たらこんな形に見えるだろう。」と言う時によく引き合いに

  出されます。私の好きな銀河の1つです。

    データ:露出8分×3、EOSKissDX4(IRカットフィルタ除去)+HEUIBIIフィルタ、1/2縮小

         露出5分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ

         露出5分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ

  

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

  焦点距離が長くなると、暗黒帯の細かい模様が見えてきます。

    データ:露出8分×6、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

・830mm(セレストロンC8-N+クローズアップレンズAC No.4)

  ノーフィルタの画像を輝度データとし、3色分解した画像でL+R+G+B合成しました。

    輝度データ:露出32秒×16、ASI174MM、等倍

    色データ:C8N R:露出32秒×8 G:露出32秒×8 B:露出32秒×10  ASI174MM

  

・1000mm(セレストロンC8-N+ビクセン コマコレクター2)

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIB-IIフィルタ、1/2縮小

  

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  この程度の焦点距離があると、暗黒帯の細かい模様が分かりやすくなります。

    データ:露出8分×6、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、1/2縮小