M97(惑星状星雲):ふくろう星雲

M108(銀河)

星座:おおぐま座


・12x50 PCF 双眼鏡

  M97、M108共に暗いためか、4等星までしか見えない自宅からは、双眼鏡では

  分かりません。

 

・105mm(シグマ、105mm F2.8 MACRO)

  左下の丸い惑星状星雲がM97、右上の銀河がM108です。

  焦点距離105mmでもM97のふくろうの目玉がはっきり分かります。EOSKissDXと

  組み合わせると、非常に高い解像度が得られます。

    データ:露出5分×3、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2、等倍

  

 

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  右上の銀河がM108、左下の丸い惑星状星雲がM97。

  ノーマルデジカメ、LPS-P2、HEUIBで、M97の色が随分異なります。

  私は紫色が好きですが、どれが実際のものに近いのかな?

    データ:露出8分×2、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2フィルタ、1/2縮小

  

・500mm(ペンタックス、75SDHF)

  M97のふくろうの2つの目が、はっきり写ります。

  ノーマルのデジタル一眼では、M97とM108共に色彩に乏しいです。

    データ:露出8分×2、EOSKissDigital、1/2縮小

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  EOSKissDX4で撮影すると、M97は緑色が強く出て、色乗りは良くないです。

    データ:露出8分×3、EOSKissDX4(IRカットフィルタ除去)+HEUIB-IIフィルタ、1/2縮小

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

  初代EOSKissDigitalで撮影した6コマをコンポジットしました。M97は紫色に写ります。

  左上には、小さな銀河が沢山写っています。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

        露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ

  

・830mm(セレストロンC8-N+クローズアップレンズAC No.4)

  輝度データはASI174MM、色データは初代EOSKissDのものを使用し、

  YIMGでL+RGBで合成しました。

    輝度データ:露出32秒×16、ASI174MM、等倍

    色データ:SE150N、露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ

                露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ

  

・1000mm(セレストロンC8-N+ビクセン コマコレクター2)

  HEUIB-IIフィルタを使うと、M97が赤っぽい色になるようです。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIB-IIフィルタ、1/2縮小

  

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  6コマをコンポジットしましたが、まだコンポジット枚数が不足しています。

  しかし、周辺が赤っぽいことや、外周が2重になっていることが分かりやすく

  なります。

  さすがに、この焦点距離ではM108と同時に写せません。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

        露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ