M8(散光星雲):干潟(ラングーン)星雲

M20(散光星雲):三裂星雲

M21(散開星団)

星座:いて座


・12x50 PCF 双眼鏡

  M8は、星雲の明るい部分が雲のように広がっているのが分かります。

  M20は、4等星までしか見えない自宅からは微かに見えるだけです。

 

・105mm(シグマ、105mm F2.8 MACRO)

  改造一眼レフで撮影すると最高に美しい領域です。一番大きな赤い星雲が

  M8、右上の割れ目のある赤くて丸い星雲がM20、M20の左上で明るい星が

  集まっているものがM21です。

  自宅としてはほぼ最高の気候条件だったのですが、ややピントとガイドが

  甘くなったのが残念です。

    データ:露出3分×4、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+HEUIB、等倍

  

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  全天でももっとも美しい領域の1つです。一番上の星の集まりがM21、やや右上で3つに

  割られた赤い星雲がM20、下の大きな赤い星雲がM8です。

  ノーマルデジタル一眼なので赤色は弱いのですが、青い星雲もはっきり写って、結構、

  きれいです。

    データ:露出5分×3、EOSKissDigital、1/2縮小

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  改造一眼レフでは、さすがに淡い部分まではっきり写って、ため息の出るような美しさです。

  下記の写真は、今まで撮影した中で最も気に入っています。

  この写真は2つの画像を合成し、ウェーブレット変換で精鋭化したものです。継ぎ目も分から

  ないと思います。

    データ:露出5分×3×2コマ合成、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

  6コマをコンポジットし、ウェーブレットをかけています。光害の影響が大きいのですが、

  明るい天体なので写しやすいです。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

        露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ

  

・1000mm(セレストロンC8-N+ビクセン コマコレクター2)

  光害の影響が大きいと、このように広がった星雲の背景処理は非常に

  難しいです。左右で色合いが変わってしまいましたが、これが限界です。

  この写真もウェーブレットをかけています。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、1/2縮小

  

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  天候に恵まれず、やや霞がある中での撮影でした。

  星雲の中の小さな暗黒星雲(グロビュール)の形が分かりやすくなりました。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、1/2縮小