M78(散光星雲)

星座:オリオン座


・12x50 PCF 双眼鏡

  非常に見つけにくく、4等星までしか見えない自宅からは、M78と重なっている恒星と

  思われるものが、暗い恒星のように見える程度です。

 

・105mm(シグマ、105mm F2.8 MACRO)

  105mmだと、オリオンの三ツ星、M42,43、馬頭星雲、M78、バーナードループの一部まで写り、

  Hαが写ると非常に美しい領域です。

    データ:露出3分×6、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、等倍

  

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  M78と言えば、ウルトラマンの故郷です。

  上の写真の通り、オリオンの三ツ星のちょっと上に位置し、双眼鏡でも何とか見えます。

  この写真では、左上にバーナードループの一部が赤く写っています。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2フィルタ、1/2縮小

  

・500mm(ペンタックス、75SDHF)

  2004年1月にMcNeil(マクネイル)氏が新星雲をM78に発見したのですが、下の616mmを

  撮影した2006年には暗くなっていたのですが、2008年12月に撮影したこの写真では

  また増光しています。上の300mmの写真にも写っています。位置は、M78の右斜め下

  の小さな星が2つ縦に並んでいるすぐ右です。616mmの写真と比較して、探してね。

  で、ここだけの話ですが、実はMcNeil氏が発見する1〜2日前に私が撮影した時に

  写っていて気が付いたのですが、写りが悪く、ムラだと思って、報告しませんでした。

  この写真ぐらい写っていれば良かったのに、残念...

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  2006年11月に撮影した時は、McNeil(マクネイル)氏の新星雲は写っていません。

    データ:露出5分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

  6コマコンポジットし、軽くウェーブレットをかけて、星雲の模様を強調してみました。

  2009年11月の撮影では、McNeil(マクネイル)星雲は見えています。

    データ:露出8分×6、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

・1000mm(セレストロンC8-N+ビクセン コマコレクター2)

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIB-IIフィルタ、1/2縮小

  

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  円弧状の模様が重なっていますが、別の日に撮っても同じような場所に

  写るので、VC200Lのゴーストと思われます。(ベテルギュースによるものと思われます。)

  6コマをコンポジットして強いガンマをかけると、淡い模様も結構写ります。

    データ:露出8分×6、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、1/2縮小