M58,NGC4567-8(銀河)

星座:おとめ座


・12x50 PCF 双眼鏡

  小さくて暗いためか、4等星までしか見えない自宅からは、双眼鏡では分かりません。

 

・105mm(シグマ、105mm F2.8 MACRO)

  この付近も、メシエ天体が集まっています。

  右上の丸い銀河がM58、その左の丸い銀河がM59、更に左の最も明るい銀河が

  M60、左端の細長い銀河がNGC4762です。

    データ:露出5分×3、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2、等倍

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  左上の最も明るい銀河がM58、右下で2つの銀河が衝突しているのがNGC4567-8、

  その上の小さな銀河がNGC4564です。

  NGC4567-8は衝突銀河として有名で、大望遠鏡で撮影された写真をよくみかけます。

    データ:露出8分×3、EOSKissDX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2、1/2縮小

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  EOS Kiss DX4では、各銀河の腕の形など、詳細が分かりやすいです。

    データ:露出8分×3、EOSKissDX4(IRカットフィルタ除去)+UIBARフィルタ、1/2縮小

        露出5分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ

         露出5分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ

  

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

・830mm(セレストロンC8-N+クローズアップレンズAC No.4)

  ノーフィルタの画像を輝度データとし、3色分解した画像でL+R+G+B合成しました。

  上がM58、下がNGC4567-8です。共に、腕の詳細が分かります。

    輝度データ:露出32秒×16、ASI174MM、等倍

    色データ:C8N R:露出16秒×16 G:露出16秒×16 B:露出16秒×16  ASI174MM

  

    輝度データ:露出32秒×16、ASI174MM、等倍

    色データ:C8N R:露出16秒×22 G:露出16秒×18 B:露出16秒×18  ASI174MM

  

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  強いガンマをかけ、ウェーブレット変換で強調したのでザラザラしましたが、

  左上のM58や右下の衝突銀河NGC4567-8の腕の形も分かります。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、1/2縮小、自作オートガイダ使用