M51,NGC5195(銀河):子持ち星雲

星座:おおぐま座


・12x50 PCF 双眼鏡

  双眼鏡では見つけにくく、4等星までしか見えない自宅からは、空の澄んだ日に

  2つの点が何とか見える程度です。

 

・105mm(シグマ、105mm F2.8 MACRO)

  初代EOSKissDigitalでは渦巻き構造はわかりませんが、EOSKissDXでは、

  渦巻き構造が分かり、EOSKissDX4ではもっとはっきりします。

    EOSKissDigital            EOSKissDigitalX(IRカットフィルター除去)+HEUIB  EOSKissDigitalX4(IRカットフィルター除去)+HEUIB

    露出200秒×3、等倍        露出3分×4、等倍                    露出3分×3、等倍

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  ロス卿が初めて銀河の渦巻き構造を見つけたのが、このM51です。

    データ:露出200秒×4、EOSKissDigital、1/2縮小

  

・500mm(ペンタックス、75SDHF)

    データ:露出8分×2、EOSKissDigital、1/2縮小

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  上がNGC5195で、淡い広がりが見えます。下がM51です。眼視では、ほぼ同じ明るさに見えます。

  M51を親、NGC5195を子と呼んでいますが、実際には子の方が重いそうです。

  また、下の方には、小さな銀河が4つ見えています。

    データ:露出5分×7、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

   6コマ合成し、少しシャープに見えるように処理しました。

   下にある小さな銀河もはっきり分かります。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

        露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ

  

・830mm(セレストロンC8-N+クローズアップレンズAC No.4)

  ノーフィルタの画像を輝度データとし、3色分解した画像でL+R+G+B合成しました。

  上のNGC5195の淡い広がりも分かります。左上の小さな銀河も2つ、写っています。

    輝度データ:露出32秒×16、ASI174MM、等倍

    色データ:C8N R:露出32秒×9 G:露出32秒×8 B:露出32秒×8  ASI174MM

  

・1000mm(セレストロンC8-N+ビクセン コマコレクター2)

  HEUIB-IIフィルタを使ったので、Hα天体がよく分かります。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIB-IIフィルタ、1/2縮小

  

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  ピントとガイドが良好であった11コマをコンポジットしたので解像度は高いです。

  しかし、F6.4と暗いので、淡い部分が写りません。

    データ:露出10分×3、EOSKissDigital、1/2縮小

        露出8分×4、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIB

        露出8分×4、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-III