M27(惑星状星雲):あれい星雲

星座:こぎつね座


・12x50 PCF 双眼鏡

  4等星までしか見えない自宅からでも、澄んだ夜には、下の105mmで撮影した写真を

  少し離れて見たのと同じように、長方形のような形がはっきり分かります。

 

・105mm(シグマ、105mm F2.8 MACRO)

  左からノーマルEOSKissD、改造EOSKissDX、改造EOSKissDX4です。

  比較的大きな惑星状星雲なので、105mmでも、銀行の地図記号のような形が分かります。

    左:EOSKissDigital                中:EOSKissDX(IRカットフィルタ除去)+HEUIB  右:EOSKissDX4(IRカットフィルタ除去)+HEUIB

      露出3分×3                   露出3分×4                      露出3分×4

    

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  左がノーマルEOSKissD、右が改造EOSKissDXです。IRカットフィルタ除去の

  効果とカメラの解像度の差は、歴然としています。

  同じ改造デジカメでも、下のEOSKissDigital+HEUIBとEOSKissDX+LPS-P2では

  M27の色が大きく異なります。

    データ:露出5分×3、EOSKissDigital、1/2縮小     露出8分×3、EOSKissDX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2、1/2縮小

   

・500mm(ペンタックス、75SDHF)

  ノーマルデジタル一眼では、青が強く出ます。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital、1/2縮小

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  EOSKissDX4+HEUIBII では、やや青っぽく写ります。

  星雲の明るい部分が白っぽくなり、色が少なく感じるのが残念。

    データ:露出8分×3、EOSKissDX4(IRカットフィルタ除去)+HEUIBIIフィルタ、1/2縮小

  

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

  軽くシャープ処理を行っています。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

・830mm(セレストロンC8-N+クローズアップレンズAC No.4)

  ノーフィルタの画像を輝度データとし、3色分解した画像でL+R+GB+B合成しました。

  HαとHβなどの輝線しか出ていないため、Gではほとんど写りません。そのため、

  GとBの平均をG成分に使用することで、いい感じの色になりました。

    輝度データ:露出32秒×18、ASI174MM、等倍

    色データ:C8N R:露出32秒×8 G:露出32秒×8 B:露出32秒×8  ASI174MM

  

・1000mm(セレストロンC8-N+ビクセン コマコレクター2)

  少し、ピントが甘いです。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、等倍

  

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  口径が大きく、焦点距離も長いので、暗い星まで、よく写ります。

  上のノーマルデジタル一眼に比べ、下の改造デジタル一眼の写真は、色も鮮やかで、

  淡い部分までよく写っています。

    データ:露出10分×3、EOSKissDigital、1/2縮小

  

   データ:露出8分×4、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

  大迫力の等倍画像は次のとおり。気象条件も良く、淡い部分まで良く写りました。

   データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、等倍