M15(球状星団)

星座:ペガスス座


・12x50 PCF 双眼鏡

  中心が明るく、恒星の周辺をぼかしたように見えます。近くにあるM2より

  やや明るい程度で、良く似た見え方です。

 

・105mm(シグマ、105mm F2.8 MACRO)

  ペガスス座の鼻先にある明るい球状星団がM15です。

  105mmでもいくつか星が分かり、星の集団らしく写ります。

    データ:露出3分×3、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+HEUIB、等倍

  

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  秋の星座にある球状星団の中では最も明るく見易いです。

  (大きさは、くじら座のNGC288の方が上のようです。)

    データ:露出8分×3、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2、1/2縮小

  

・500mm(ペンタックス、75SDHF)

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital、1/2縮小

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

    データ:露出8分×3、EOSKissDX4(IRカットフィルタ除去)+HEUIBIIフィルタ、1/2縮小

  

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

  中心付近の密度が高く、白つぶれしてしまいます。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

・1000mm(セレストロンC8-N+ビクセン コマコレクター2)

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ、1/2縮小

  

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  この焦点距離でも、中心は潰れてしまいます。

    データ:露出10分×3、EOSKissDigital、1/2縮小