M1(超新星残骸):かに星雲

星座:おうし座


・12x50 PCF 双眼鏡

  有名な星雲ですが非常に見ずらく、4等星までしか見えない自宅からは、

  空の澄んだ日に何かあるのが分かる程度です。

 

・300mm(シグマ、APO TELE MACRO 300mm F4)

  EOSKissDXの等倍画像では、フィラメント構造の一部が分かります。

  下記の1/2の画像では詳細は分かりませんが、佐渡島のような形が分かります。

    データ:露出8分×3、EOSKissDX(IRカットフィルタ除去)+LPS-P2、1/2縮小

  

・500mm(ペンタックス、75SDHF)

  ノーマルのEOSKissDigitalでは、地味な色になり、かにの足に当たるフィラメント構造もほとんど

  写りません。

    データ:露出8分×2、EOSKissDigital+LPS-P1、1/2縮小

  

・616mm(ケンコー、SE150N+AC No.4)

  IRカットフィルタを除去したEOSKissDX4では、かにの腕に当たるフィラメント構造が赤く写り

  詳細が分かります。

    データ:露出5分×3+8分×3、EOSKissDX4(IRカットフィルタ除去)+HEUIB-IIフィルタ、1/2縮小

  

・750mm(ケンコー、SE150N+ビクセン コマコレクター2)

  750mmの焦点距離とKissDXの高画素により、上記616mm+初代KissDの約1.5倍のスケール

  になります。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigitalX(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、1/2縮小

  

・830mm(セレストロンC8-N+クローズアップレンズAC No.4)

  輝度データはASI174MM、色データは初代EOSKissDのものを使用し、

  YIMGでL+RGBで合成しました。ASI174MMは、Hαも良く写ることが分かります。

    輝度データ:露出32秒×36、ASI174MM、等倍

    色データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIB-IIフィルタ

  

・1000mm(セレストロンC8-N+ビクセン コマコレクター2)

  HEUIB-IIフィルタとUIBAR-IIIフィルタの比較画像です。

  HEUIB-IIの方が赤いフィラメント構造がはっきり分かり、このフィルタ

  の特徴がよく分かります。

    データ:露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIB-IIフィルタ、等倍

        露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ

  

 

・1280mm(VC200L+レデューサ)

  焦点距離が長く、更に等倍の画像なので、フィラメント構造がはっきり分かります。

    データ:露出8分×4、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+HEUIBフィルタ、等倍

        露出8分×3、EOSKissDigital(IRカットフィルタ除去)+UIBAR-IIIフィルタ